top of page
検索

プレイヤー向け 一人乗りゴルフカート ラウンドテスト

前回ご紹介しているプレイヤー向け一人乗りゴルフカートのラウンドテストレポートです。


コースに止めた一人乗りゴルフカート

結論から言うと、すべて合格。まだ細かな点で修正点はありますがとにかくラウンドで使用して全く違和感がない。工場が作っているベース車両に近いセカンドサンプルも併用しましたがやはり今回のファイナルサンプルは圧倒的に使いやすく、安全になっています。



動画はティーショット後フェアウェイに入っていく様子。(ちょっとブレーキディスクに小石が挟まって変な音してますが問題ありません。)これで大体10キロ程度で設定していますが一直線にボールに向かっていくのでラウンドペースはかなり速くなります。動画の後半で椅子に座っていますが私は実際に歩いているのとあまり目線が変わらない立ち乗りが好み。ただやはり椅子をつけてほしいという声も多いので基本的には椅子付きの販売となる予定です。


フェアウェイに止めたプレイヤー向け一人乗りゴルフカート

何よりのメリットは、コース乗り入れが可能でボールのすぐ近くまでクラブセットごと行けること。海外で乗り入れ可能なコースでプレイされた方はイメージしやすいと思いますがとにかく楽ちん。今回は比較対象として電動手押し(歩き)と新旧プロトタイプ各1台の計3バッグで回っていますが非常にスムーズなラウンドになりました。ちなみに車体の重量は97キロ。これに私かなり重いですが80キロ+バックが10キロちょっとで全部足しても200キロ以下。これまで販売しているキャディカートのデータから考えても全く問題なく乗り入れしていただくことが可能です。 よく屋根はつけないのかと言われるのですが、あえてつけていません。なるべく歩く感覚に近く大げさなマシンを持ち込むのではなく、最低限の存在感でコースに持ち込みたいというのがその理由。屋根付きが良い場合は二人乗り乗用カートの選択をおすすめしています。



何より自分で使ってみないとわからないということで・・今回珍しく自分がいっぱい写ってます。。下手くそなゴルファーもいるということでちょうどサンプルになるかなと。動画はショット後他のプレイヤーに追いつく動きになります。操作は簡単、右グリップのアクセルをひねれば動いてブレーキで止まります。止まった後は今回特注したオートパーキングがしっかり作動するので坂道が多いコースでも安心して使用することが可能です。


自慢の足回り!使ってみたら想像以上にGOOD!!


今回開発段階からずっとアピールしてますが、実際にコースでどの程度機能するのかは今回のテストが初めての検証。ちょっとドキドキでしたが、予想通り良かったというより抜群です。





4輪独立懸架のサスペンションがしっかりと私の体重を受け止めた後コントロールしながらなめらかに走っていくことがよく分かる動画です。ゴルフ場は想像以上にギャップが多いので足回りには大きな負担がかかります。弊社でもこれまでキャディカートのサスペンションで何度も痛い目にあってきていますがこのサスペンションは秀逸。ギャップや荷重移動もしっかりと受け止めて路面をホールドしています。接地性が良いということはしっかりと重量も分散されているのでコースにとっても優しく、また車体や何より乗っている人間にも負荷が減るので故障や怪我のリスクも軽減される重要な要素なのです。 安全性


ゴルフコース内でお客様にお使いいただくために特に重要な安全性に関してもしっかりとテスト。動画中下り坂で何度かアクセルから手を離していますがその際にスピードがコントロールされるかどうかを確認しています。その後の上り坂でも少しスピードは落ちますが問題なく登っていく様子がご覧いただけるかと思います。操作も全く難しくないのでこれであれば簡単な説明だけでプレイヤーにも安全にお使いいただけそうです。



セグウェイ等で問題があった横傾斜に関しても低重心の4輪の場合はそう簡単に横転することはありません。そもそも立ち乗りの場合そこまでの急勾配では運転者自身が立っていられなくなってしまうためほとんど考慮する心配もないかと思われます。なお、急勾配以外にも池や崖、グリーンやティーグラウンドへの立ち入りをGPSでコントロールするジオフェンシング機能の付いた専用ナビシステムも現在開発中。こちらはでき次第またレポートいたします。

ちなみに、この車両ももちろんバッテリーはリチウムバッテリーを搭載。この日のテストは9Hのハーフプレイだったのですが9H終了後もインジケータが1メモリも減っておらず航続距離のテストは次回に持ち越しですが、1.5Rの連続使用は全く問題なく行けるんじゃないかなと言う感じです。


一人乗りゴルフカート 新旧プロトタイプ

写真上はテストで使用したセカンドプロトタイプ(手前)とサードプロトタイプ(奥)。細かな部分をもう少し修正して来年の春に間に合う・・かなというところです。ありがたい話ですがこちらのニュースブログだけですでに何件かお問い合わせを頂いておりまして12月は毎週どこかでご試乗のスケジュールが入っております。なにせまだ1台しかないので最大でも3日程度の短期になりますが、1月以降であればご試乗いただけますのでご希望の場合は下記問い合わせフォームからお申し込みください。

今週は関東、来週は関西でのテストとなります。また進展があればご報告させていただきます。 https://www.move-ev.jp/contact

Commentaires


bottom of page