検索

【導入事例】奈良国際ゴルフ倶楽部(お届け編)

今回お届けさせていただいたのは奈良国際ゴルフ倶楽部様。関西屈指の名門ゴルフ倶楽部にご採用いただきました。これまで試験的にご購入いただいた事例はありましたが本格導入は関西初となります。

クラブハウス前で記念写真。コースの緑によく映えます。

関東に比べアップダウンが多い関西。そもそも歩きラウンドのコースが少ないこともありこれまで導入実績がなかったのですが今回始めて本格導入していただく事となりました。

外観の変更はほとんどなし。こんかいからわずかですがステップの高さが上がっています

お届けしたのは最新のSR-05L。モーターユニットのデザインを一部改良しこれまでより大幅に信頼性のアップを実現、かなり静かにもなっています。

すでに300台以上搭載したMOVE用P130(Roypow)。これまで軽い初期不良1台のみと超優秀です

05LのLはリチウムのL。バッテリーはもちろんRoypowのLFPバッテリーを採用。36V50Ah(1.92kWh)のこのバッテリーで楽々2ラウンド連続走行できる仕様となります。1ラウンド走行後の充電時間は約1時間ちょっと。3500回の充電後でも80%以上の能力を保持する化け物のようなバッテリーです。毎日充電したとしても約10年バッテリー問題なし。ちなみに、リチウム=危険 のようなイメージをお持ちの方もおられるかと思いますがLFP(リン酸鉄リチウム)は燃やそうにも燃えません。このバッテリーの内部のセルはEVEエナジーのCELLが使われていますが、その高い性能が評価され同じ工場ではダイムラー(ベンツ等)の電気自動車用のLFPバッテリーも生産されています。

やっと入荷し整備を受けるSR-05L。少し動き出しているので来月からも順番に入ります。

一つ前の記事でもご紹介しましたが現在海外かららの荷物がなかなか入ってこないのです。お届けした奈良国際ゴルフ倶楽部様も7月から本格導入していただくお約束で十分余裕を持って今年に入ってすぐにご注文いただいておりましたが、まさかの上海ロックダウンで遅れに遅れ・・なんとかギリギリ滑り込みのお届け。ちなみに、一緒に到着しているお客様で一番長くお待ちいただいたお客様はなんと去年の11月にご注文いただいているお客様になります。とにかく、夏前に間に合ってよかった。。

最終仕上げ風景

こうやって1台づつすべて確認して出荷しています

写真上は出荷前最終整備の様子。到着した車両に国内でバッテリーを搭載し最終調整して出荷となります。 今回は第一弾としてまず15台のお届け。運搬はいつものニシリクさんの2階建て車両で運搬になります。これ1台で20台、ホント助かります。

整列!いよいよ出荷の順番待ちです。

到着。奈良市内からこんな近いところに?といろんなコースに届けてもらっているドライバーも驚いていました。さすが関西屈指の名門コース、入り口から趣が違います。。



荷降ろしは約30分程度で完了

無事充電器の設置も完了し納車完了。間に合いました!。とにかく今の感想はそれだけ。実は今回同時にYAMAHAさんの5人乗り乗用カートも新調されているのですがそちらも前日に納車されたとのこと。いやー皆様お疲れさまでした!とりあえず全部間に合ってよかったの一言です。


奈良らしく鹿がデザインされたロゴマーク

奈良国際ゴルフ倶楽部様では今後MOVE SRをキャディカートとしてコース内走行&サービスしながらプレイヤーは電磁誘導カートを利用される新しいスタイルを導入されることとなります。これは弊社も提唱している名門コースさんの今後の方向性として一つの選択肢になりうる取り組みかと思います。【導入編】としてまた詳しくご紹介させていただきますのでぜひ御覧ください。